初めてのお産もこれで安心!出産の入院準備用品チェックリスト

出産が近づいてくると、そろそろ入院の準備もしなくちゃと考えますよね。

しかし、お産が初めての入院となる女性も多く、いったい何を用意すればよいのか迷うところです。

「こんなものがあったら便利だった!みたいなアイテムってあるのかな」

「いつくらいから入院の準備をすればいいんだろう?」

といった疑問で頭がいっぱいの初マタさんも大丈夫です!

この記事では、入院準備の必需品と先輩ママが「あって助かった!」と太鼓判のアイテムを紹介します。

入院グッズ必需品と先輩ママ太鼓判アイテムを知っていれば、入院の準備にあわてることもありません。

入院準備の時期や段取りも合わせて説明していますので、入院準備をばっちり完璧にしてお産に備えましょう。

出産時の入院準備チェックリスト一覧

入院に必要な準備用品のチェックリストを、下記に一覧でまとめています。

それぞれの詳しい内容は、のちほどにある「出産時の入院準備用品を徹底解説!」にて説明しておりますので、そちらも合わせてお読みください。

必需品アイテム(すぐに取り出せるよう小さなバッグに入れる)

□母子健康手帳

□健康保険証

□診察券

□印鑑

□財布

□入院誓約書などの書類

□スマホ・携帯電話

□スマホ・携帯電話の充電器

出産における入院準備の必需品アイテムの解説を読む

主に入院してすぐ使うグッズ

□前開きパジャマ(2~3枚)

□タオル(3枚ほど)

□ボックスティッシュ

□スリッパorルームシューズ

□コップ

□ペットボトル用ストロー付きキャップ

□リップクリーム

□置き時計

□テレホンカード

□眼鏡

□ハンガー・洗濯ばさみ

主に入院してすぐ使うグッズの解説を読む

主に産後使うグッズ

□洗面用具&箸とスプーン

□入浴用具&ヘアゴム

□筆記用具

□洗濯用洗剤&ビニール袋

□カメラ

□カーディガン

□靴下(2~3足)

□産褥ショーツor生理用ショーツ

□産褥パッドor生理用ナプキン(夜用)

□ウエストニッパー

□母乳パッド

□授乳用下着(最低2~3枚)

□ガーゼハンカチ

主に産後使うグッズの解説を読む

退院時に使うグッズ

□赤ちゃんの肌着&ウェア(各1枚)

□ママの退院用のウェア(入院時に着ていたマタニティ服でもOK)

□紙おむつ(2~3枚)

□アフガンorおくるみ

□紙袋・エコバッグ(2つ程度)

□チャイルドシート

□入院費用

退院時に使うグッズの解説を読む

あると便利なグッズ

陣痛逃しグッズ(テニスボール、ゴルフボールなど)

リラックスグッズ(お気に入りの本、音楽、アロマなど)

あると便利なグッズの解説を読む

 

以上が出産時に用意しておくべき入院準備用品です。

「こんなグッズが必要なの?」と疑問に思ったアイテムも中にはあるかもしれませんね。

なぜそのグッズが重宝するのか、この後の徹底解説にて詳しく説明していきます。

 

出産時の入院準備用品を徹底解説!

必需品アイテム(小さなバッグにまとめておきましょう!)

□母子健康手帳

入院受付の際に必要となります。お産の記録なども記入してもらうので、常に携帯しておきましょう。

□健康保険証

緊急帝王切開などの手術になると、健康保険の対象となるため必要です。

□診察券

母子健康手帳と診察券で入院手続きをするので、セットで用意しておきましょう。

□印鑑

入院証明などの必要書類に押印するために必要です。事前に押印している場合でも、念のために用意しておくのが安心でしょう。

□財布

最低でもタクシーで産院まで行ける程度の現金を用意しておきましょう。

□入院誓約書などの書類

事前に必要書類を記入・押印して、入院当日に提出します。

□スマホ・携帯電話

院内で使用できる場合は、家族への連絡や報告などに使いましょう。

□スマホ・携帯電話の充電器

院内でスマホ・携帯電話が使用できる場合は持っていきましょう。

 

主に入院してすぐ使うグッズ

□前開きパジャマ(2~3枚)

入院したら、まずパジャマに着替えます。着替え分として、最低2~3枚あると安心です。

□タオル(3枚ほど)

手や顔を洗ったときに使いますが、産後は授乳時にあると便利なもの。最低3枚は用意しましょう。

□ボックスティッシュ

入院部屋には備え付けていないことがほとんどです。入院中は何かと使うことが多いので、忘れずに準備を。

□スリッパorルームシューズ

産院で用意されていることもありますが、滑り止めのついたものだと歩きやすいです。

□コップ

院内の食事セットの中に、コップがついていないこともあります。1個は用意しておくとよいです。

□ペットボトル用ストロー付きキャップ

寝ながら飲めるペットボトル用のものだと、陣痛の合間にも水分補給ができます。多くの先輩ママが「あって助かった!」と感謝しているアイテム。

□リップクリーム

産院内の乾燥対策に。とくに陣痛時は唇が渇いて荒れやすいので、保湿性の高いものを用意しましょう。

□置き時計

秒針付きのアナログ時計を用意しましょう。陣痛の間隔を計ったり、産後は授乳時間などの確認に使います。

□テレホンカード

産院によってはスマホ・携帯電話が使えなかったり、圏外の場合も。連絡用として1枚あると便利です。

□眼鏡

原則的に分娩時はコンタクトレンズはNGです。忘れずに持っていきましょう。

□ハンガー・洗濯ばさみ

濡れたタオルや洗濯物を干したりして、入院室の乾燥防止などに。

 

主に産後使うグッズ

□洗面用具&箸とスプーン

コップなどは用意されている場合もありますが、あると便利。洗面用タオルは3枚ほど用意しましょう。

□入浴用具&ヘアゴム

シャンプー類は入院日数分あれば十分です。髪の長い人はヘアゴムを2本ほど用意すると便利です。

□筆記用具

産後、授乳時間や赤ちゃんのおしっこの回数を記入するのに使用します。

また出産で感じたことや産まれたばかりの赤ちゃんのことをつづっておくことをおすすめします。後々見返したときに出産時のことを思い返したり、大きくなった赤ちゃんに教えてあげることもできますよ。

□洗濯用洗剤&ビニール袋

産院にコインランドリーがある場合に。ビニール袋も用意しておきましょう。

□カメラ

赤ちゃんや家族写真はもちろん、退院の日に病院スタッフを交えて写真撮影を。記念をたくさん残しましょう。

□カーディガン

産院内を歩くとき、来客のときなど、1枚あると便利です。ガウンなどでもOK。

□靴下

産院内は空調が管理されていますが、冷え予防のために2~3足用意しましょう。

□産褥ショーツor生理用ショーツ

出産後、産褥パッドなどと合わせて使います。生理用ショーツで代用してもOKです。

□産褥パッドor生理用ナプキン(夜用)

出産後の悪露を受け止めるパッドです。夜用の生理用ナプキンで代用する場合もあります。

□ウエストニッパー

産後の子宮回復のために使います。骨盤ベルトとコルセットがセットになったようなものです。産院によっては使用しない場合もあるので確認を。

□母乳パッド

ブラジャーに固定し、母乳がにじむのを防ぎます。洗って使いまわせる布製・使い捨ての紙製の2種類あります。

□授乳用下着

ユニクロのブラトップなどでも代用できます。ただ専用の授乳用ブラジャーは乳頭を保護するように作られています。最低2~3枚は用意しましょう。

□ガーゼハンカチ

ママの乳頭や赤ちゃんの口まわりなどを拭いたりするのに使います。

 

退院時に使うグッズ

□赤ちゃんの肌着&ウェア

肌着とウェアを各1枚準備しましょう。セレモニードレスを用意したのならば、肌着とドレスを。

□ママの退院用のウェア

産後すぐにお腹はへこまないので、ゆったりめのウェアを用意します。入院時に着ていたマタニティ服でも問題ありません。その場合、授乳できるように前開きの服を選んでおくと、退院時にとても助かります!

□紙おむつ

産院から支給されることもあるのでもらえる数を確認しておきましょう。念のため2~3枚用意しておくと安心です。

□おくるみorアフガン

初めて外に出る赤ちゃんを、日差しや寒さから守ります。バスタオルで代用してもOKです。

□紙袋・エコバッグ

退院のお祝いや、着替えなどを入れるのに便利です。産院によっては退院時のプレゼントがあるので荷物がかさばることを想定して。2つ程度あれば大丈夫です。

□チャイルドシート(ベビーシート)

車で退院する場合には必需品です。産まれたばかりの赤ちゃんを守るためにぜひ用意しておきましょう。

□入院費用

カード支払い可なところが多いですが、現金でしか支払いできない産院もあります。現金のみの場合は退院日に旦那さんに持ってきてもらいましょう。

 

あると便利なグッズ

□陣痛逃しグッズ

テニスボール、ゴルフボールなど。陣痛の際に、腰の痛みを緩和するために使います。「これがあるとないとでは陣痛の辛さが全然違った!」と世の先輩ママが太鼓判を押す便利グッズです。

□リラックスグッズ

お気に入りの本、音楽、アロマなど、気分転換できるグッズがあると便利です。

 

出産時の入院準備であわてないポイント

出産で入院時の準備ポイント①必要なものをそろえる

出産する産院によっては用意してもらえるものがあります。

こちらで用意しなければならないものを聞き、リストと照らし合わせてチェックしましょう。

出産で入院時の準備ポイント②バッグは大小2つ用意する

絶対に必要な母子健康手帳などは、すぐに取り出せるように小さめのバッグの中に入れておきましょう。

そのほかの入院グッズは、大きめのバッグに入れておきます。

退院のときに必要な赤ちゃんのウェアなどは、あとから旦那さんに持ってきてもらってもいいですね。

出産で入院時の準備ポイント③カメラの使い方、充電を確認する

「出産シーンを撮ろうとしたら充電がなくて困った…!」という先輩ママの話をよく聞きます。

せっかく一生に一度の記念が台無しになってしまっては後悔も大きいでしょう。

使い方を確認し、臨月には常に充電できている状態にしましょう。

出産で入院時の準備ポイント④必需品を再確認する

出産での入院前に、絶対に必要な必需品はもう一度を確認しておきましょう。

スマホや財布など、毎日使っているものの入れ忘れに注意です!

出産で入院時の準備ポイント⑤留守中の引継ぎをする

ゴミ出しや公共料金の支払いなど、入院中に旦那さんにお願いすることは意外とあります。

数を絞って具体的に書いておき、冷蔵庫や玄関など目につきやすい場所に貼っておきましょう。

立ち会い出産をする妊婦さんは、旦那さんとの連絡方法も確認しておくと安心です。

 

出産の入院準備はいつからするべき?

まだ大丈夫と思っていても、時間がたつのは案外はやいものです。

のんびりしていると「予定よりだいぶ早く破水してしまった!」なんて慌てることになりかねません。

基本的に、8か月に入ったら出産の入院準備を始めましょう。

ワーキング妊婦さんは「産休に入ったら…」と考えがちではありますが、早めに準備を始めておけば、いざというときに安心です。

自由になる時間が少ないほど、早めの準備を心がけましょう。

 

緊急連絡先をまとめておく

入院するときの段取りも旦那さんや家族と話し合っておくと安心です。

  • 妊婦さん本人だけで入院するとき
  • 旦那さんも付き添って入院するとき
  • 家族が付き添って入院するとき

といったように、いくつかのケースを想定しておくとよいでしょう。

病院の夜間受付やタクシー会社の電話番号など、必要と思われる連絡先も一覧表にまとめておくと便利です。

出産が間近に迫ってきたときに、旦那さんと話し合っておきたいポイントはこちらで詳しく説明しています。

 

出産で入院するタイミングは?

「準備は完璧!でも、出産でいざ入院するというタイミングがわからない…」

そんな初産婦さんでも、お産が近づいたと分かるサインを知っておけば安心です。

おしるし

お産が近づくと軽い子宮収縮が起こり、赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮壁の間にズレができます。

そのズレから少量の出血が起きたものがおしるしです。

おりものに少し血が混じったものですが、出血の色や量には個人差があります。

鮮やかな血や茶色っぽいごく少量の血液がおりものに混じり、少し粘り気のあるのが特徴です。

おしるしがあってもすぐに陣痛が来るわけではありません。

中には「おしるしがあってから1週間後に陣痛が来た」という方もいます。

ただし、大量の出血や痛みを伴うようならトラブルが起きている可能性もあるため、産院に連絡をしましょう。

前駆陣痛

お産が近づくと、不規則なおなかの張りを頻繁に感じるようになります。

これは前駆陣痛といって陣痛の予行練習のようなものです。

痛みや張りが不規則で長くは続かず、いつの間にか痛みが弱くなっていきます。

ただし時間をおいて、本格的な陣痛につながることもあるので要注意です。

陣痛

1分間に6回以上(10分間隔)のおなかの張りや痛みがあれば、陣痛開始のサインです。

この時点で産院に連絡しましょう。

「もしかして」と思ったときは、まず張りの間隔を計ってみましょう。

最近では陣痛間隔を計測するアプリもあるので、事前にダウンロードしておき練習しておくとよいですね。

陣痛が始まると「ついに陣痛がきた!」なんて慌てたり、パニックになりがちです。

息を詰めずに、ゆっくりと呼吸をしてリラックスするようにしてくださいね。

前期破水

破水とは赤ちゃんを包む卵膜が破れて、羊水が流れ出ることです。

通常は陣痛が進行して、子宮口が全開大になってから起こりますが、陣痛の前に起こる場合(前期破水)もあります。

大量に出ることもあれば、尿もれ程度の場合もあります。

体を動かすたびに羊水が流れ出て「このまま羊水が全部出ちゃったらどうしよう!」と心配になりますが安心してください。

赤ちゃんの頭が子宮口の栓代わりになっていて、全部が流れ出ることはありません。

破水後はおなかの赤ちゃんに細菌感染する心配があるため、入浴・シャワーは厳禁です。

量に関係なく、すぐに産院に連絡しましょう。

動くと羊水が流れ出るため、産院へは徒歩ではなく車で行くほうがよいです。

大き目のナプキンを当てて、おしりの下にバスタオルを敷けば安心ですね。

ちなみに…破水を尿もれと間違える妊婦さんも多いと聞きます。

破水の場合は無色透明で生臭いにおいが、尿もれなら黄色でアンモニア臭がしますが、迷ったら受診するのが一番です。

 

まとめ:入院準備をして安心して出産を迎えましょう

出産の入院準備用品とポイントについてご紹介しました。

あわてて入院とならないためにも、余裕をもって準備しておくと安心です。

「もうすぐ赤ちゃんに会える!」と思うと、準備も楽しんでできますよね。

よいお産を迎えるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

トップへ戻る