無痛分娩出産レポ漫画3「高位破水でいざ入院」

無痛分娩出産レポの続きです。

出産レポをはじめから読む↓
無痛分娩出産レポ1「破水にご用心」

前回のお話はこちらです↓
無痛分娩出産レポ2「陣痛中に必死のシャンプー」

 産院へ到着したのは夜間だったのでインターホンで裏口を開けてもらいました「先ほど電話したうーです」

いつもの入口が夜中だと閉まっていて、夜間出入口から入りました。

助産師さん「大丈夫ですか?まず破水かどうか検査しますね」うーさん「お願いします」

すぐに助産師さんが迎え入れてくれて、陣痛室に案内されました。

階段を登らなきゃいけなかったので、地味に辛かった…

陣痛室に移動して内診すると「破水なんでこのまま入院になります」(必死でシャワーしてよかった…)

チョロチョロとしたジェル状でおりものか?と思われていたものは、やはり破水でした!

膜が触れるので高位破水ですね

やはり高位破水だとおりものと区別がつきにくいみたいで、そのまま分からず過ごしてしまう妊婦さんも多いみたいです。

そして入院の準備にうつります。

とんとん拍子に入院へ…着替え、抗生剤点滴、NST

後から旦那氏に聞いたところによると、この間ずっとロビーで放置されていたみたいです。

何されているか分からなくてドキドキしていたそうな。

破水してるので陣痛が進まない場合は促進剤も使うかもしれません

破水していると菌が入りこみやすく、赤ちゃんに感染する危険もあると説明されました。

なのであまりにも産まれる気配がない場合は促進剤を使うかもということでした。

無痛分娩を希望されますかと聞く助産師さん

この産院では予定入院をしなくても無痛分娩が可能でした

無痛分娩といえば、出産予定日をあらかじめ決めておく計画無痛分娩が多いんですよね。

計画無痛分娩では、わたしのように予定日より早く陣痛がきた場合、無痛分娩にできない可能性もあります。

この産院では自然な陣痛を待っての無痛分娩が可能だったので、とてもありがたかったのですが…

このときの私は無痛分娩にするか迷っていました

次回に続きます。

コメント

トップへ戻る